慰謝料の請求 - 浮気チェック!!夫妻は大丈夫??

慰謝料の請求

もしも浮気が発覚し苦痛を被ったのであれば、浮気相手と夫(または妻)に対して慰謝料を請求することが出来ます。
"火遊び"だったとしても"本気"だったとしても関係ありません。
では実際に請求するとなった時に、いくらの慰謝料を得ることが出来るのでしょうか。

慰謝料の金額はピンからキリまであるので、ハッキリ断定することは出来ません。
もしも長期間による浮気でその所為で夫婦間どころか一家離散の憂き目にあい、病気にかかってしまったのならば数百万円は行くかと思います。
ただほんの"火遊び"で精神的な苦痛もあまり感じていないというのならば、どんなに多く見積もっても数十万ぐらいになるでしょう。
もちろん浮気相手の支払い能力も慰謝料の決め手となるので、あくまでも参考程度として留めておいてください。

ただし相手が浮気をしていたとしても、既に夫婦間が破綻していれば請求は出来ません。
訴えることは出来なくはありませんが、過去の事例を見ても慰謝料を得られたというケースは見当りませんでした。
慰謝料を得るには浮気が原因となり、一家にどういう被害が出たのかがポイントになります。
人に危害を加えた以上は、それ相応の償いをしなければいけません。
その為の慰謝料なのです。

しかし傷つけられたにもかかわらず、何の償いも無ければ泣きっ面に蜂どころの話ではありません。
相手がすんなりと応じてくれれば良いのですが、中にはシラを切り通して1銭の支払いも拒否する人もいます。
もし慰謝料を拒否されたのならば、絶対に言い逃れが出来ない証拠を突きつけましょう。
証拠は真実を語ってくれる筈です。