車を調べて浮気の証拠を集めよう - 浮気チェック!!夫妻は大丈夫??

浮気チェック!!夫妻は大丈夫?? > 車を調べて浮気の証拠を集めよう

車を調べて浮気の証拠を集めよう

車は密室であり、様々な痕跡が死角に隠れる、物証の宝の山です。自家用車は、密会に打って付けのツールとも言えますが、密室故に痕跡だらけの現場検証になる事も。 注意深く、浮気相手の気配を消しても、クセは必ず残っています。

車内のBGMが普段と違うなども気をつけて観察すべきです。「洋楽のCDしか流さない人が、ラジオの周波をキャッチした?」自家用車の個性が出るのはオーディオ関係。 浮気相手がラジオを利用した事を、無難でいいと黙認しても、恋人や配偶者は、違和感に感じます。 普段やらない事をやってしまうのが、形なき物証と成るのです。

連れが吸わない銘柄のタバコが灰皿にある。 「社の誰それを送迎する時に吸ったよ、確か」付着した唾液をDNA鑑定したら、真実は明らかになりますが、これは物証に賭ける本気度の問題です。「DNA鑑定はやり過ぎ!」と咎められても、それで真実を導けるのであれば、積極的に実践すべき案件です。

異常に増えた走行距離は頻繁にどこかに行っている証拠です。 「敢えて遠くで待ち合わせ、都心から離れた場所で失楽園」GPSで恋人や配偶者に居場所を管理されていたとしても、それを振り切る様に、意図的に密会する場所を遠くに設定して、自家用車で迎えに行くと、走行距離は日増しに増えて行きます。都心から離れても、最近の探偵事務所は社の車を数十台揃えているので、管理されたGPSで特定の一台(パートナーと浮気相手)を割り出して、密会現場を押さえる事も、割と簡単なのです。

助手席のシートの位置と角度にも目を光らせて。 「配偶者が助手席に座った時、一発で判る物証」 意外と痕跡が残るのは、座席の位置や角度です。 助手席に男性が乗るのと、女性が乗るのとでは仕様がまるで違う。

一本だけじゃ不十分 同じ頭髪を何本も採取しよう! 「単発採取では押しが弱い。連日の採取がものをいうのだ」 一本だけだと心許ないのが頭髪による物証です。 パートナーが車で帰宅する度に、同じ頭髪が車内に落ちていたら、同一人物を乗せて走行している物証に成ります。

注意深く、執念深く、採取を続ければ、きっと特定の一人のシルエットが浮かび上がります。

普段は数列が記してあるゴミだけど 「レシートが指し示す、買う筈のない物」 車内のゴミ箱に、無造作にレシートが捨てられていた時、この一枚の紙きれが密室の痕跡を物語る事もあります。 パートナーが買う筈ない物が計算の記録として印字されていた時、言い逃れのできない物証に昇華を果たします。

ETCのボタンを押すと履歴や料金から普段行かない観光地へ。車の機器がよくなるとさまざまな機能があります。ETCの城能は車の持ち主も感心がない部分ですから、調べやすいでしょう。

カーナビの検索履歴、通った道の軌跡を見る。 浮気相手の自宅に頻繁に行っていたり、待ち合わせ場所などはよく行く場所ですから軌跡が多数ついています。 カーナビの軌跡は点々が画面で表示されている機種が多いため、画面に点々が多数ついている住所は怪しい場所です。 具体的には、本人の自宅住所と勤務先以外で多数の点がついている場所が怪しい場所です。

・まとめ パートナーと浮気相手は悪さをしている訳ですから、絶対に暴かれるべき物証が残る事になります。 でも気になる点があるからといってすぐに問いつめるのは良くありません。 確信の持てる証拠・状況がないままに話をしてもはぐらかされることもあるでしょう。 どうしても疑いを捨てることができないのであれば、しっかりとした確証を持つことです。 部屋の中から浮気の証拠を集めよう